女性のウェスト

トピックス

費用について

人差し指を立てる看護師

脂肪吸引を受けるとき、多くの人が費用について注目します。複数の美容外科の費用を確認したことのある人は分かるかもしれませんが、費用は美容外科によって大きく異なります。

詳しくはコチラ

脂肪吸引手術の説明

体に自信を持ちたいなら脂肪吸引手術をしませんか?キレイなボディラインを手に入れることが出来ますよ。

「手足が太くて気になる」、「お腹周りの脂肪を何とかしたい」など体型に関する悩みは男性、女性と性別に関係なくもっています。
体型を気にしてダイエットにチャレンジする人もいるかもしれません。
ですが、ダイエットをしたからといって必ず痩せられるわけではなく、なかには全く効果が得られない人がいます。
また、効果が得られたと思っても痩せない時期である“停滞期”に入ってしまい、もう痩せないんだと思って挫折してしまう人もいるはずです。
確実に、そして早期で痩せられる方法があれば多くの人が試してみたいと思うかもしれません。
実は、美容外科で受けられる脂肪吸引で、確実に早期で痩せることができます。

脂肪吸引とは、カニューレという吸引管で脂肪を吸引していく手術方法です。
この手術は、全体痩せではなく部分痩せに効果を発揮します。
二の腕だけ痩せたいとき、お腹だけ痩せたいときなど部分的に痩せることを希望する場合には、脂肪吸引が適しています。

脂肪吸引には、“切る脂肪吸引”と“切らない脂肪吸引”があります。
切る脂肪吸引は、メスで皮膚を切開し、カニューレを挿入し脂肪を吸引していく手術方法です。
ボディジェットやベイザー、ベイザーミケランジェロなどが切る脂肪吸引です。
皮膚を切開するため、傷跡が目立たないかと心配する人がいるかもしれませんが、その心配は必要ありません。
切る脂肪吸引では、シワのある場所を切開します。
また、切開する範囲はそれほど大きくないのが特徴です。
そのため、メスで皮膚を切開したからといって傷跡が目立つことはほとんどありません。

切らない脂肪吸引は、名称の通り皮膚を切らずに受けられる手術です。
ライポソニックスやゼルティック、ウルトラアクセントなどが切らない脂肪吸引です。
切らない脂肪吸引では、皮膚の上に専用の機械をあてて脂肪細胞に熱を加えたり冷やしたりして脂肪細胞を破壊します。
それにより、脂肪細胞を体外へと出すことができるのです。
皮膚を切らない手術ですから、もちろん傷跡が目立つ心配はいりません。
また、ダウンタイムが切る脂肪吸引と比べて短いにもこの手術の魅力です。

トピックス

安い費用で脂肪吸引

手でハートマーク

美容外科の脂肪吸引は、値段が高めに設定されていることからすぐに手術を受ける決断ができません。このページでは、少しでも安い費用で脂肪吸引を受けるコツについて紹介していきます。

詳しくはコチラ

手術成功のために

メガネをかけた女性

美容外科で受ける脂肪吸引は、必ずしも満足できるわけではありません。それは、カウンセリング時に医師との疎通が上手くできていないなどの問題から起こることがあるのです。

詳しくはコチラ

美容外科を選ぶ

医者が説明をしている様子

美容外科は全国各地にあります。人によって美容外科選びの基準は違うかもしれません。ただ、費用や立地の良さだけで選んでしまうのはあまりおすすめできません。どのように美容外科選びを行うといいのか、このページで紹介していきます。

詳しくはコチラ